Chat
x
コンタクト先
Get in Touch with Us!
ユーザー調査
Get more information
FAQ
Find answers quickly
toggle menu
コンタクト先
Get in Touch with Us!
ユーザー調査
Get more information
FAQ
Find answers quickly
toggle menu

Press Release Detail

BOIは21年第一四半期の投資額が120億バーツ以上にのぼると発表 ポストコロナの経済回復により、「医療・電気機器関係」の成長

BOIは2021年第一四半期の投資奨励申請額が120億バーツ以上にのぼると発表した。これは昨年度の第一四半期と比べると80%の成長であり、医療及び電気機器業界の成長がコロナウイルスにもかかわらずあり、東部経済回廊(EEC)が、投資家の間では人気を保ち続けていることを示している。

投資委員会(BOI)長官のドゥアンジャイ・アッサワジンタチット氏は、以下の様に述べている。2021年第一四半期(1月~3月)の投資奨励申請は、401事業、金額ベースで合計1,233億6千万バーツで、2020年第一四半期と比較すると事業数及び投資金額共に成長しており、事業数の成長率は14%、金額ベースの成長率は80%となっている。

経済ドライブのメカニズムとなる対象産業グループへの投資額は74億8,300万バーツであり、奨励申請額が多いもの順に2分野を挙げると、1)医療産業:18億4,300万バーツ、前年同期比100倍以以上増、2)電気製品、電気機器産業:17億4,100万バーツ、前年同期比64%増、であった。

「医療産業の継続的な成長の主要な要素は、コロナウイルスの状況により、医療分野の製品への需要が高まることで、タイ国への投資が拡大する結果となっている。更に、電気製品、電気機器は、コロナ蔓延防止の時代に即した業務トレンドである、ワークフロムホームの結果によるSカーブ成長群中の産業のためと、継続的な製造拠点移動の結果による。」とBOI長官は述べた。

国外よりの直接投資(FDI)に関しては、奨励申請は、191事業、金額ベースで619億7,900万バーツ、前年同期比で成長率143%であった。金額ベースで投資奨励額が多かったトップ3の国は、韓国、中国、シンガポールで投資額は僅差であった。尚、韓国よりの投資は、医療産業面での大型合弁事業により、本四半期では増加している。

金額ベースで最大の投資エリアは、東部経済回廊(EEC)であり、奨励申請額は644億1千万バーツ、前年同期比39%成長で、その内訳はラヨーン県への投資額:294億3千万バーツ、チョンブリー県:249億7千万バーツ、チャチェンサオ県100億1千万バーツとなった。

更に、効率改善のための投資奨励施策による投資奨励申請は、39事業、金額ベースで84億バーツ、前年同期比で6倍であった。その内訳は、省エネ、代替エネルギー、及び環境への影響の削減に関する効率改善施策が、21事業、金額ベースで56億3千万バーツ、機械類の改善入替による効率改善施策が16事業、24億7千万バーツ、研究開発又は工学デザインによる効率改善施策が2事業、金額ベースで3億バーツであった。

ขออภัยครับ ไม่มีข้อมูลส่วนนี้ ในภาษาที่ท่านเลือก !

Sorry, There is no information support your selected language !

Download และ ติดตั้งโปรแกรมอ่าน PDF

Download PDF Reader

Site map