Chat
x
コンタクト先
Get in Touch with Us!
ユーザー調査
Get more information
FAQ
Find answers quickly
toggle menu
コンタクト先
Get in Touch with Us!
ユーザー調査
Get more information
FAQ
Find answers quickly
toggle menu
グリーンエコノミーに向けて邁進するタイ王国


Somphote Ahunaiが米国でMBA学位を取得した後へバンコクに戻った時には彼の銀行の口座には僅か200ドルしかありませんでした。しかし今日では、彼が設立した再生可能エネルギーおよび電気自動車会社の市場価値は56億ドルであり、これはタイがグリーンで持続可能な産業に大きく成功した事の証でしょう。

当初証券トレーダーとして働いた後、Somphoteは彼が買収したパーム油プランテーションからバイオディーゼル燃料の生産を開始し、再生可能エネルギー事業に新参者として参入しました。その後、彼は自分の会社であるEnergy Absolute Pcl社を太陽光発電所と風力発電所へと事業を移行し、同国2番目の上場電力会社までに成長させました。今日Somphoteは、内燃機関の時代を超えた電気自動車やリチウムイオン電池、そしてそれらに動力を供給する充電ステーションの設計と製造を手掛け大成功を収め、世界第11位の規模の自動車製造業まで伸し上がらせ、この分野においてタイ国家の取り組みを左右する重要人物となりました。

代替エネルギーの億万長者になるまで彼、現在53歳のSomphoteはその道のりにおいて、グリーンで持続可能な産業を開発している企業のためにタイ投資委員会(BOI)を通じて利用できる政府の寛大なインセンティブによって助けられてきました。BOIは、電気自動車を促進するための多数の減税を2020年11月に発表しました。

そしていま彼は、外国企業にも提供されている特権を利用するようにと勧めています。「私の成功が触媒となり、投資の新たな波をもたらすことを願っています」と彼は語る。「BOIは万人に対して非常に透明で公正なプロセスを持っており、外国人投資家のサポートもしています。競争をしようじゃあありませんか。」と。

多くの国ではCovid-19パンデミックは経済活動を麻痺させましたが当局がウイルスの抑制に成功したタイにおいてのサプライチェーンには強力で回復力が残っています。そのため政府はこの休止状態を利用して生物多様性のホットスポットとしてのタイの自然の利点を促進した、所謂バイオサーキュラーグリーン(BCG)経済を受け入れる事をができたのです。

BCGモデルは、廃棄物、汚染、および有限の資源への依存を減らし、包括的で持続可能な成長を生み出す産業を網羅。タイは主要な農業生産国、観光地、そして医療ハブであり、同国のBCGセクターは国家の重要な産業の多く、農業およびに食品業、バイオエネルギー業、バイオ素材業そしてバイオケミカル業; 医療業とウェルネス業; そして観光業や創造経済等で構成されています。

高等教育科学研究革新省によると、現在、これらセクターの合計経済価値は1,130億ドルとの事。同省によれば、政府は2025年までにその価値を30%増の1,470億ドルにし、BCG産業を国内総生産の25%相当にさせることを目指しています。

企業やその顧客が環境問題に対しての倫理的な解決策を模索している世界において投資家達はタイのBCGやその他のグリーンイニシアチブの推進でビジネスチャンスを掴んでいるようすです。BOIによると、2020年の最初の9か月間に国内外の企業により300件を超えるBCG関連プロジェクトに対し17億ドルの投資を申請し2018年の開始時以来、その申請総額は67億ドルにまで達しました。

Energy Absolute社は今月(2020年12月)から、バンコクの有名な水路であるチャオプラヤー川で、静かで無公害の電気フェリーボートの運航を開始。

国境が再開し出張者や観光旅行者がタイに戻り始めた時、彼らはEnergy Absolute社のSomphote氏の貢献を目の当たりにする事でしょう。バンコクの王宮と市内の最高のホテルの多くの目の前を通過する水路チャオプラヤー川において彼は現在の騒音を発して汚染を垂れ流しながら頑張って航行するディーゼル船の代わりに、静かで排出物のない電気フェリーボートの運航計画をしています。

賑やかな首都の道路にはかつては内燃機関で運行されていた車両から現在は彼の300台の電気バスが路線を引き継いでいます。彼の38,000ドルの5人乗り電気自動車も間もなくバンコクのタクシー車両として導入される。2019年のバンコクモーターショーでは4,500の注文を獲得し、近々個人向けに販売されます。街道沿いでは500台のEV充電ステーションの準備が進められています。一方、アジアのイノベーションハブになるというタイの野心の中心であるバンコク郊外の東部経済回廊では東南アジア初のEnergy Absolute社の1億ドルのリチウムイオン電池工場の第1段階が完了間近です。「訪問者がタイに戻って来たら、彼らはどれほどタイが変化したかを目の辺りりにする事だろう」とSomphote氏は語る。

Somphoteは、それら変化の顔的存在です。BCG企業に提供された免税措置は有名所の多国籍企業から活気に満ち溢れる新興企業に至るまでの全ての投資家を引き付けました。その他税恩典以外のインセンティブには更新可能なスマートビザが含まれており、主要セクターの国際的人材や投資家にタイにおいて最長4年間の労働、滞在を許可しています。BOIはまた、産業間の連携確立の支援、地元のサプライヤーからの調達支援、ビジネスマッチング支援することで企業をサポートします。

2017年にフランスのエネルギー大手Total社はオランダの生化学大手Corbion社と協力して責任を持って生産された地元産のサトウキビ糖を使用してポリ乳酸(PLA)を製造する工場をタイに建設しました。これは、100%再生可能で生分解性のバイオプラスチックです。二酸化炭素排出量を75%削減しながら、ポリスチレンやその他の油性ポリマーの代替品となります。

このJV企業であるTotal Corbion PLA社は、PLAのベースとなる乳酸を製造するCorbionが運営する古くから在る工場に隣接する東部経済回廊のRayongにその工場を建設。同社の幹部によれば、両パートナー社はラヨーンに約2億5000万ドルを既に投資しておりPLA工場が年間75,000トンから100,000トンに生産を増やすため、今後2年以内にその投資を5億ドルまで増やす予定との事です。

フランスのエネルギー大手Totalとオランダの生化学大手Corbionの合弁会社であるTotal Corbion PLA社がタイの東部経済回廊のRayongに建設した工場は、地元産のサトウキビ糖を使用して年間75,000トンのポリ乳酸若しくはPLAを製造。100%再生可能で生分解性のバイオプラスチックで、ポリスチレンやその他の油性ポリマーの代用品として使用でき、カーボンフットプリントも75%削減。

この投資が功を成し、同社製品への需要は供給を遥かにに上回り顧客が食品包装のポリスチレンの代わりにPLAを使用したり、3D印刷などのデジタル時代のアプリケーションに使用したりしたため市場は年間15%で成長しています。

「ここタイのPLAには世界最高のテクノロジーがある、」と、Corbion社のカントリーマネージャー兼ラヨ-ンのサイトディレクターであるSander van der Linden氏は語る。「当社は、バイオベース経済と農業セクターの発展に取り組んでいるタイ政府から多大な支援を受けている。然るに当社の立地に非常に良い環境だ。」

事実、タイのベンチャー企業である同社の業績が絶好調であるため、同Total Corbionは2020年にフランスにラヨーン工場の複製工場を建てて生産能力増強計画を発表。3番目の生産施設が2030年までの予定で計画されているがまだ決定には至っておらず、van der Lindenに因れば、ラヨーンには既存の施設と一緒に建設するために利用可能な土地があるため同社のタイ工場は競争相手であるとの事です。

Total Corbionの工場長であるSimon Goldney氏は、何故TotalとCorbionがタイへの投資を選んだのかの理由を幾つか指摘しました。明らかな利点の1つは、タイがPLAの原材料である砂糖において世界第2位の供給国である事。その他の魅力としては、優れた港湾インフラと政府の法人所得税控除や輸入関税の免除など。そして従業員の質でこれら従業員の半数は学士号以上を取得。「タイには誰にも負けない労働力がある」とGoldney氏は述べている。「彼らは革新的で、意欲的で、勤勉だ。そのような労働力がなかったら当社は今日存在する当社では有り得なかったであろう。」Van der Linden氏もこれに同意し、「彼らにはどんな厄介な事でも任られ、彼らはそれらを解決できる。彼らに対して我々は絶大な信頼をしていす。我々に対し、タイへの投資が必ずや報われること間違いなしという自信を与えてくれる。」

野心旺盛なの次世代バイオテクノロジースタートアップのSpiber Inc社も自信を持ってタイの東部経済回廊を日本国外初の工場として選びました。慶應義塾大学の名門の先端バイオ科学研究所の本拠地である鶴岡市を拠点とするSpiberは、鋼鉄より強く、アルミより軽くカーボンファイバーよりも柔軟な素材である環境にやさしい合成スパイダーシルクの先駆者となり世界的な話題となりグローバルマーケットリーダーになりました。

野心旺盛なの次世代バイオテクノロジースタートアップのSpiber Inc社も自信を持ってタイの東部経済回廊を日本国外初の工場として選びました。慶應義塾大学の名門の先端バイオ科学研究所の本拠地である鶴岡市を拠点とするSpiberは、鋼鉄より強く、アルミより軽くカーボンファイバーよりも柔軟な素材である環境にやさしい合成スパイダーシルクの先駆者となり世界的な話題となりグローバルマーケットリーダーになりました。

スパイバーは、クモの本物のシルクを使用するのではなく、砂糖をその餌として与えられた微生物が創った醸造タンパク質を使用したスパイダーシルクのDNAを複製。2021年から生産開始予定の総工費1億ドルのタイ工場は、世界最大の構造タンパク質発酵施設として出現し年間700トンを生産。タイ産の砂糖資源を使用し研究開発拠点としても活躍します。

スパイバーのマネージングディレクターである森田圭佑氏に因れば、彼の会社は当初、他のアジア諸国や南北アメリカのどこかの地域を検討していたとの事です。しかし砂糖が入手可能と言うだけでなく、投資恩典インセンティブ、信頼できるインフラストラクチャ、日本への良好なアクセスと両国間の関係、及びに衣類や自動車などのスパイバー社に関心のある業界の強力なサプライチェーン等をトータルで考えてタイに軍配が上がったのです。

持続可能で倫理的にも受入れられる製品の生産に取り組む企業として、森田氏はタイの労働力も欠かせない要素の一つであると考えています。「当社のビジョンに共感してくれる高いスキルと良き個性を持つ人々を見つける事ができる」と彼は言います。

タイの首都に話を戻して、再生可能エネルギーの起業家であるソンフォテがバンコクを電気の自動車、バス、ボートの街に変えるというビジョンは、彼が自分の車の名前に選んだMINE Mobilityにはっきりと表れています。MineとはMission:NoEmissionの最初の単語の頭二文字と次の二単語の頭一文字づつを取って付けられた名前です。これは、COVID解決後のタイで政府と投資家の両方が共有するビジョンなのです。

ขออภัยครับ ไม่มีข้อมูลส่วนนี้ ในภาษาที่ท่านเลือก !

Sorry, There is no information support your selected language !

Download และ ติดตั้งโปรแกรมอ่าน PDF

Download PDF Reader

Site map